2021年入試の入学案内・パンフレット予約受付中!

学生の13人に1人が退学検討 コロナで生活厳しく

大学入試ニュース

新型コロナウィルスの影響が大学生の経済状況を直撃しています。

参考 学生の13人に1人が退学検討コロナで生活厳しく、団体調査共同通信

学生団体の調査で、大学生らの約6割がアルバイト収入が減ったり、なくなったりしたと回答したことが22日、分かった。

 

調査に答えた学生の13人に1人が、大学を辞める検討を始めていると回答するなど、多くの学生が経済的に厳しい状況にあることが浮かんだ。

大学生のアルバイトは飲食店などコロナウィルスの影響を強く受けている業種が多いです。加えて保護者の収入も減少しています。

さらに、オンライン授業に対応するためにPCや通信環境を整えるのために出費を余儀なくされている学生もいます。

勉強を続けたい学生のために何とか国が動いてほしいものです。

経済的に苦しい大学生に対してJASSOも緊急に奨学金の対応をしています。ぜひ、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

奨学金日本学生支援機構(JASSO)のコロナ対策【返還中・奨学金希望】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です