2021年入試の入学案内・パンフレット予約受付中!

日本学生支援機構(JASSO)のコロナ対策【返還中・奨学金希望】

奨学金

コロナウィルスの影響で経済的に厳しい状態に陥っている家庭が増えています。

大学生を抱える家庭や奨学金を返還途中の社会人も例外ではありません。

日本学生支援機構(JASSO)ではコロナウィルスのため経済的な影響を受けた人への対応を始めています。

参考 JASSOホームページ日本学生支援機構

コロナウイルスの影響により家計が急変し奨学金を希望

予期できない事由により家計が急変した場合には要件を満たせば奨学金の給付を受けることができます。

給付奨学金

事由発生に関する証明書類と家計急変後の収入に関する書類をそろえることができれば申請できます。

対象者かどうかは進学資金シミュレーターで確認できます。

手続きは在学中の大学で行います。

参考 新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した方への支援日本学生支援機構

貸与奨学金

家計が急変し、緊急に奨学金の必要が生じた場合は、奨学生として採用されます。

参考 緊急採用・応急採用日本学生支援機構

緊急採用(第一種奨学金)ー利子無しー

大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)の学生で奨学金を希望する場合、学力基準と家計基準があります。

家計の収入基準についてはこちらを参考にしてください。

緊急採用が必要と学校長が特に認めれば採用になるので、学校に相談してみて下さい。

貸与月額はこちらを参考にしてください。

応急採用(第二種奨学金)ー利子がつくー

大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)の学生で奨学金を希望する場合の基準は

  • 今後とも家計急変の事由が生じたことによる経済困難が継続すると見込まれる者
  • 学力及び家計を総合的に判断し学校長が緊急に奨学金を必要と認める者

以上の2点です。

貸与月額

大学 月額20,000円~120,000円(10,000円刻み)

※私大の医・歯学は、120,000円に40,000円の増額可。

※私大の薬・獣医学は、120,000円に20,000円の増額可。

短期大学 月額20,000円~120,000円(10,000円刻み)
大学院 月額50,000円、80,000円、100,000円、130,000円または150,000円

※法科大学院は、150,000円に40,000円または70,000円の増額可。

高等専門学校 (本科1~3年生) 第二種奨学金は対象外。

(本科4,5年生・専攻科) 月額20,000円~120,000円(10,000円刻み)

専修学校

(専門課程)

月額20,000円~120,000円(10,000円刻み)

奨学金を返還中、または返還を開始する人

新型コロナウイルス感染症の影響により、勤務先の業績悪化や出勤停止等に伴う減収、失業、内定取消等が生じ、奨学金の返還が困難となった方は減額返還や返還期間猶予の手続きをすることができます。

減額返還

毎月の返済額を減額することができます。

減額した分は返還期間が延長されます。

詳しくはこちらを参考にしてください。

参考 減額返還日本学生支援機構

返還期間猶予

返還期間の猶予を願い出ることができます。

支払いが困難になった際は速やかに手続きを行いましょう。

くわしくはこちらを参考にしてください。

参考 返還期間猶予日本学生支援機構

大学へ確認・連絡

現在、コロナウィルスの影響で奨学金の申請事務が郵送に切り替わっている大学があります。

また、大学によっては受付を中止している場合もあるのでまずは大学に確認をしましょう。

独自に学費支払いを猶予している大学もあります。

慶應大学

授業料等延納申請

家計が急変したことにより、指定された期日までに学費(授業料等)を振り込むことが難しい場合は、一定期間、学費の支払いを猶予することが可能です。

困ったことがあったら大学に相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です