2021年入試の入学案内・パンフレット予約受付中!

新型コロナウィルス、各大学の対応【後期試験・卒業式・入学式・新学期】

大学入試ニュース

新型コロナウィルスの影響で大学も対応に追われています。

特に受験生は大変な思いをして入試を乗り切り、新学期が始まるのを待っていることとと思います。

これまでの大学対応をまとめてみたいと思います。

後期試験

前期試験は予定通り行われた大学が大多数で下が、後期試験では予定を変更せざるを得ない大学があったようです。

旧帝大で後期試験を行うことで知られている北海道大学もその一つです。多くの大学で後期試験がなくなっている中で今も後期試験を行い、東大や京大を受験した層をも集めている北海道大学の後期試験。

今回は北海道の非常事態宣言を受けて後期試験中止に踏み切りました。

参考 【重要】令和2年度一般入試個別学力検査等(後期日程)の中止について北海道大学

個別学力検査等の中止に伴う合否判定は、令和2年度大学入試センター試験
の成績のみを用いて行います

旧帝大にセンター利用で入学できると話題になりました。

卒業式

大人数が集まるということで卒業式も通常通りに行われない大学が多くありました。

中止 456校(61.4%)

縮小 223校(30.0%)

実施 32校(4.3%)

不明 32校(4.3%)

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishiwatarireiji/20200310-00166951/

京都大学などは中止されたようです。

参考 京都大学令和元年度大学院学位授与式・卒業式及び令和2年度入学式の中止について京都大学

他にも代表者のみ参加、保護者の参加不可、参列はなしでライブ中継などさまざまな対応を行ったようです。

3月10日卒業式を予定していた大学が多かったですが、その後安倍首相から「卒業式を行って欲しい」という発言がありました。残念ながら大学の卒業式はすでに終わっていて対応が難しかったようです。

入学式

受験を終えて、晴れて入学式!と行きたいところですが、ここにもコロナの影響があります。

特に首都圏や関西圏といった大学が多く集まる地域で感染が拡大していることもあり、状況はさらに厳しいものなりそうです。

すでに早稲田大学・名古屋大学・法政大学をはじめ多くの大学で中止が発表されています。

授業開始

文科大臣から新学期の休校は要請しないとの表明があったものの新学期も通常とは大きく異なる大学が多くありそうです。

通常通り開始

京都大学や東京大学・一橋大学などは通常通りの日程で授業を開始予定です。

ただし、WEBでできる授業はWEBで行ったり、一部の授業を繰り下げたりといった対応も行っています。

京都大学は変更されるようです。

 

繰り下げ

早稲田大学・慶應義塾大学・上智大学・明治大学・北海道大学・東北大学・神戸大など

東京理科大学は授業を繰り下げた上で長万部キャンパスでの授業を見送りました。

オンライン授業

しばらくの間教室での授業を行わず、オンラインで授業を行う大学もあります。

立命館大学

授業が始まる来月から大型連休後までのおよそ1か月の間、教室での授業を行わないことを決めました。
期間中は、インターネットを通じて課題のやりとりを行うということです。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/kyoto/20200327/2010006161.html

他にも同志社大学でオンライン授業が予定されています。

変更の可能性も?

近日、大学生の感染も広がっています。

今後も大学生の感染状況によっては新学期開始時期の変更の可能性もあります。

京都産業大学では当初4月19日まではオンラインでの授業を予定していましたが、学生に感染者が出たため新学期は5月11日からに変更されました。

参考 令和2(2020)年度春学期授業開始日の変更について京都産業大学

オープンキャンパス

2020年は夏にオリンピックが行われるため春休みを利用してオープンキャンパスに参加しようと予定していた受験生も多いと思いますが、こちらも多くが中止されているようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です