2021年入試の入学案内・パンフレット予約受付中!

【2021年】河合塾バンザイシステム・共通テストリサーチ

大学入試情報

河合塾のサービスであるバンザイシステムとは事前に共通テストリサーチにより受験生の自己採点データを集めて、そのデータをもとに自分の自己採点結果を入力すると志望校の合格判定がA~Eの5段階で判定されるシステムです。

ボーダーラインや志願者の得点分布も分かるので自分がどの位置にいて合格のために個別試験でどれだけ頑張ればよいのかもわかります。

大学入学共通テストが終わったら河合塾のバンザイシステム・共通テストリサーチで志望大学の判定を見ましょう。昨年まではセンターリサーチと呼ばれていましたね。

参考 バンザイシステム・共通テストリサーチボーダーライン一覧河合塾

バンザイシステム・共通テストリサーチはいつ発表になる?

2021年は

1月20日13時に公開予定です公開されました。

https://www.keinet.ne.jp/center/banzai/

 

共通テストリサーチの事前登録をしませんでした。今からでも見ることはできる?

事前に登録をしていなくても、自己採点結果や志望校を登録すればその場で見ることができます。

注意
公開時間を過ぎても画面が表示されない場合は再読み込みをしてください。それでも表示されない場合はキャッシュ削除を行ってください。

バンザイシステムとは?共通テストリサーチで何が分かる?

バンザイシステムとは何なんでしょうか?共通テストリサーチでは何が分かるのでしょうか?

共通テストの得点を入力すると志望校の合格判定がA~Eの5段階で判定されます。

また、ボーダーラインや志願者の得点分布もわかります。受験生の8割が自己採点を登録しているのでかなり信頼性は高いですよ。

共通テストリサーチでA判定でも不合格になる可能性はある?

あります。

河合塾のバンザイシステム・共通テストリサーチは共通テスト受験生の8割が登録をするため、かなりの精度で判定が出ますが、それでも毎年A判定で不合格になるケースが見受けられます。

その主な原因として考えられるのは次の3つです。

  • 2次試験(個別試験)の比重が高い
  • 定員が極端に少ない
  • 志望者が極端に多い

上記のような大学を受験する場合は気を付けましょう。

 

バンザイシステムの合否判定でC判定やD判定でも合格できる可能性はある?

あります。

上の問いの反対となりますが、可能性はあります。

可能性が高い大学と低い大学があるので、自分の受ける大学がどのような傾向にあるのかしっかりと確認しましょう。

  • 2次試験(個別試験)の比重が高い
  • 定員が極端に少ない
  • 志望者が極端に多い

上記の条件の大学は逆転の可能性があります。

また、大学別 学力分布で逆転しやすい大学かどうか確認することができます。

データを開いたら「昨年度合否実態」を見てみましょう。ボーダーライン(合格確率50%)よりも下でも多くの合格者が、注意ライン(合格可能性20%)よりも下でも合格者が出ている大学は個別試験によっては逆転がしやすい大学だと言えます。

バンザイシステムの使い方

河合塾のバンザイシステムの利用方法を紹介します。

バンザイシステム使い方
STEP1
バンザイシステムにアクセス1
河合塾のバンザイシステムにアクセスします。

バンザイシステム

STEP2
得点を入力
自己採点をした共通テストの点数を入力します。

同じ画面で河合塾の全統記述模試の成績を入力することもできます。模試の成績を入力するとより正確な判定が出ますが、入力しなくても判定を出すことができます。

バンザイシステム

STEP3
大学を選択
判定をしたい大学を選択します。今回は共通テスト全科目8割得点できたとして東京大学を選択してみました。

バンザイシステム

STEP4
判定結果を見る
判定結果がA~Eの5段階で表示されます。東京大学だと8割の得点率だとなかなか厳しい判定になりますね。

バンザイシステム

 

STEP5
詳細を見る
さらに詳細な結果を見てみましょう。理科1類の自分の位置がよく分かります。

バンザイシステム

横浜国立大学のケース

横浜国立大学はコロナウィルスの感染拡大により個別試験が中止となりました。実質共通テスト利用入試となった横浜国立大学の結果を見てみました。

東京大学の例と同じように全教科8割の得点率で判定しましまた。さすがに後期の判定は厳しいものの前期ではA判定が出ている学部学科もあります。

バンザイシステム

経済学部経済学科の詳細を見てみました。出願時の注意事項も書かれています。

バンザイシステム

気になる得点分布ですが、かなり下位に分布が集中しています。実質共通テスト利用入試となったため、私立大学を第一志望としている受験生がダメ元で出願することも考えられます。

バンザイシステム

他の予備校の共通テストリサーチ

河合塾のバンザイシステム・共通テストリサーチ以外にも志望校判定ができます。判定はそれほど変わらないと言われていますが、念のため各社で判定を出してみるのも良いでしょう。

駿台・データネット

志望校、10月記述模試と大学入学共通テストの結果を登録すると、志望校のドッキング判定が確認できます。

https://dn-sundai.benesse.ne.jp/dn/center/index.html

東進・大学入学共通テスト合否判定システム

志望校の入試日程一覧や全国185大学の26年分の過去問を見ることができます。

https://www.toshin.com/hantei_sys/

※簡単な登録が必要です。

志望校を変更したらすぐにすること

バンザイシステム・共通テストリサーチで判定を見て、志望校を変更することもあるでしょう。

毎年多くの受験生がこの時期に志望校を変更しています。

願書・パンフレットを入手

志望校を変更したらすぐにすることは、まず願書を手に入れることです。現在はネット出願も増えていますが、願書を手に入れないと出願できない大学もあります。

また、あまりなじみのない大学の場合はどんな大学なのかパンフレットで確認しておくことも大切です。

参考パンフレットや願書の請求はスタディサプリ進路

ホテル・交通手段の確保

遠方の大学を受験することになったらホテルと交通手段の確保も大切です。

受験生のホテル【東京近郊】大学別、大学入試に便利なホテル【国公立】

受験生のおすすめのホテル・宿じゃらん ・JTB

最安値の航空券を探すなら国内格安航空券予約サイト スカイチケット

赤本の入手

過去問を解くことも大切です。

東進の合否判定システムに登録すると185大学の過去問を見ることができます。

https://www.toshin.com/hantei_sys/

赤本を購入するなら早めの方が良いでしょう。この時期に売り切れになる大学もあるので注意が必要です。

赤本の購入はこちらから↓

赤本【2021年版】国立大学の赤本はいつ販売される?販売日と値段を紹介します。 赤本【2021年版】私立大学の赤本はいつ販売される?販売日と値段を紹介します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です